kz0901のblog

写真や動画付きで日記や趣味を徒然に ^^!

カテゴリ: チームオジン 気ままツー

前回

2014.6..16~17 

チームおじん 気ままな 会津・磐梯 三人旅ツーリング 




前回、チームおじん、4月の三春滝桜見物ツーリング集合時外環
BMW K1200GTのエンジンが、突然ストップ

結局、其処からレッカーで杉並BMWの工場へ戻りました。
スターターリレーのパンクということで、其のツーは、皆さんにご迷惑をおかけしてパスとなりました。
ドック入りしている間にF650GSと縁あり乗り換えました、1200ccから800ccとなり車体重量も300Kgから200kgに取り回しが楽になった分、高速やコーナリングは
不満が残るも十分にカバーできると感じました。
1000kmほど乗った後のツーリングでした。

おじん三人組の合計年齢は、217歳
平均72歳を上回っている。

両先輩は、5月に10日間の四国一周ツーリングを経て意気揚揚です。
おじんさんのルートは、無理せず無駄せずで非常に快適にツーリングを楽しむことのできる設定です。会津から湯野上温泉そして磐梯を廻り清々しい新緑の中を駆け抜けました。

630Kmを超えるツーリングもさすが、難なくこなして回られました。

敬服です。


次回

前回


さて、ツーリングの続きです。

美味しい朝食を腹一杯いただき、皆さんに見送られて出発しました。

道の駅 ばんだい 
今日もいい天気です 磐梯山が くっきりと姿を見せてます

イメージ 1

途中の 三湖台にて

磐梯吾妻の3ライン:ゴールデン・レイク・スカイ 
ラインと繋ぎます

イメージ 2

昨年、同じ時期に車で、来たときには寄ることができなかったので、

30年ぶりの五色沼  磐梯山とのコラボが、
いい感じです 
イメージ 3

イメージ 4

さぁ、最後の磐梯吾妻スカイライン  浄土平

昨年は、吾妻小富士に登らずに帰ったために後悔しましたので、マイクさんと登頂

         :此処だけの話・マイクさんは途中で、、、。
イメージ 5

素晴らしい景観が、待ってました

イメージ 6

火口の周りを回るルートがありましたが、、次回
きっと感動の見晴らしが、味わえるのでしょう
楽しみを残しておきましょう 
イメージ 7

イメージ 8

5月の連休明けには、クローズしていたラインも通行可能時には、雪の壁が、観られたはずでしたが、、、、


やはり此処だけの話
     実は、小生のバイクK1200GTが、外環でエンジンストップ…
          レッカーにお世話になり 
           ご参加の皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。

来年こそは、観にきたいなぁ、、。


帰り道は、東北道をゆっくりとライディング 
途中 何ヶ所かのPA/SAに寄りながら小休止 
イメージ 9

630Kmのツーリングも大先輩のお二人さん 
お疲れ様でした

今回も再発見の旅、 
楽しい一時を有難うございました。 


次回



前回


イメージ 1

早朝の散策の続きです

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

山々は、まだ 朝もやの中
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

とても癒される里山の散策


次回

前回


数々の伝説と夢が残る温泉郷ー湯野上温泉


湯野上温泉は古く、奈良時代に発見され、「湯の原」と呼ばれ、大川渓谷の岩間の湧き湯を利用した
安楽湯」「箱湯」「舟湯」「猿湯」「舘湯」等々の風呂があったようです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


湯野上温泉は南会津の地酒で宴会の最初を飾る「南会津乾杯条例」

南会津の「酒造「杜氏」というスタイルで、小さいながらも季節ごとに蔵元ご本人のこだわりがキラリと光るお酒を心を込めて造ってお ります。ここでしか味わえない酒、料理を提供することをモットーに今後も続けていけるよう努めてまいります。ぜひ、この地に足を運び郷土の美味 しさと良質な温泉をお楽しみください。・・・とのこと。なるほど美味しかったなぁ

イメージ 5

イメージ 6
散策していても、、飽きない
イメージ 7

イメージ 8


イメージ 9


四季折々の美しさがある!

次回


前回



福島県南会津郡下郷町 
湯野上温泉 にしき屋

イメージ 3

伝統の会津建築で純和風の造り。

ゆったりと南会津の大自然を満喫。

地元の旬の食材や郷土料理を盛り込んだ

会津風会席に舌鼓!

イメージ 1

こづゆ や アユの姿焼きなど次々と、、、

しかし、この味を引き立てたのが、此処の地酒各種
イメージ 2

日本酒の苦手な方も 
心地いいのど越しと悪酔いなしでした。

さて、翌朝の散策 

旅情あふれる深山隠れのいで湯

ここは湯の神が棲む郷




イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

福島県南会津郡下郷町:旧国陸奥国、

明治以降は岩代国



美しい風景は、続きます、、。。



次回

前回


2014.6.16 16:00

湯野上温泉、民宿:にしき屋さんに到着

イメージ 1

中々 雰囲気の良い古民家の宿 
ツバメのお出迎えあり
イメージ 7

通された2階の間 宿の天井は 太い組梁
イメージ 2

早速 檜風呂へ
イメージ 3

いい気持ちで上がってきたら、、、

外は、土砂降り
イメージ 4

イメージ 5

山の天気は、変わりやすい 一瞬の違いで 
づぶぬれだった
イメージ 6

雨もまた 趣がある
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

さぁ、、夕食だ 地酒の飲み比べは 格別だ
次から次へと出てくる料理に舌鼓を打つ、、、
は、

次回へ

ぎょうざ専門店 正嗣(まさし)今市店

日光・鬼怒川方面で唯一、宇都宮餃子の老舗“正嗣”を味わえるお店です

http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_14571632.jpg


http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_14583562.jpg


焼き・水餃子 各:¥210円
 価格早見表は、30皿分までありました!

http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_14592368.jpg


http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_14594241.jpg


http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_150372.jpg


http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_1502494.jpg


http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/21/45/b0003445_1504620.jpg

前回

今回は,1泊2日の福島へツーリング

羽生PA集合時間2H前についたので、

 バイカー達と話をしてました。

特にいいなぁと感じたお話が、、
http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/19/45/b0003445_15171987.jpg

ご夫婦で気ままなハーレータンデム
山形ツーだそうで、
旦那さん曰く
  奥さんは、高速では、後ろで
  ほとんど寝ている  そうです、、http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/19/45/b0003445_15181550.jpg

平日にもかかわらず車は多かったね。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/19/45/b0003445_151914100.jpg


待ち時間に 摘み食い!
http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/19/45/b0003445_15203041.jpg


今回のメンバーは、相変わらず

前回




2014.3.18 埼玉ランチツーリング 
聖天山忍城さきたま古墳多摩湖 編

後半は、埼玉の名所・旧跡をおじんさんが案内してくれるとのことでスタートしました。

まずは、聖天山妻沼にある由緒正しきお寺で、国宝に指定されている本殿は、東照宮と同じ様式の素晴らしい彫刻や色彩が、見事。

次に 忍城 日本水攻め城の一つ。北条方上杉謙信
石田三成が、落とすことのできなかった城が、此処だとは思いもよらなかった。
ゼリーフライには、苦笑させられた。

この水攻めにかかわっているのが、3番目に回った 
日本最大の古墳群
さきたま古墳公園、古代の昔には、100個以上の古墳があったとされ歴史上最古の履歴が、此処で覆されていた出土品が、多く 世界遺産に登録の機運も出ているとか。
石田三成が、忍城の水攻めに利根川の水を引っ張り
石田堤など想像を絶する絵巻物を見るようであった。

近場にこんなに見どころがあることを
今更のように知らされた。
自分の身の回りにもこの様な知らない処が、
たくさんあるに違いない。
帰り道にとおった吉見総合公園の開放的な広さや旧川越街道の宿場町の様相は、またゆっくりと訪ねてみたいものだ。

久しぶりの。狭山湖・多摩湖は、これからのの時期を今か今かと待っているかのような息吹を感じた夕暮れだった。

次回


前回





2014.3.18 埼玉ランチツーリング 羽生SA 編

東北自動車道 上り線 羽生SA 
見物とランチを食べようと6台が集まりました。
集合時間が、11:00Amということで、
セローで下道をのんびりと出かけました。
今回は、来月、83歳になるベテランライダーが、
イタリア製のスクターで参加です。

高速道路のSAやPAが、様々なコンセプトで
新規や改装してリニューアルしておりますが、
此処、羽生SAは、鬼平江戸処と称してオープンし好評を得ている話題のSA.
なるほど江戸の町を再現した雰囲気のあるものに出来上がっております。

羽生の名物:一本うどんを食したが、
だし汁がよくしみこんでいて軍鶏との相性もよく美味しかった。

平日にもかかわらず大変に賑わっており 充分に
話題を提供する内容になっているように感じました。

散策も終えて今日は、
おじんさんの埼玉 名所・旧跡を巡る下道ツーリングに出発です。


次回

↑このページのトップヘ