前回



2018.12.28~29

ペブルビーチアチコチ 寄り道三昧で、
 シリコンバレーでは、すっかり暮れてしまった 
R101 ペイショワー・フリーウェーを飛ばして
 夜半サンフランシスコ到着 
   危険地区ど真ん中/ライブハウスへ 
    JAZZステーキで心地よいスイング 



動画編
 



タイムライン

イメージ 1大阪市決定の反国際性―サンフランシスコ市との姉妹都市関係解消の意味
イメージ 2
日本国国旗

イメージ 3
アメリカでのカウントダウン人気 No1:ニューヨーク No2:ラスベガス
 でも ヒルトンのフロントは、大混雑・・
イメージ 4
Googleでは、Merchandise Storeは、時間切れ閉店だったね
  まぁ・宿は、逃げないから ^^!
イメージ 5
1821年、スペインからのメキシコ独立革命により、
     この地はメキシコの一部となった 
イメージ 6
そうそう・・キャラハンは、にお出ましだよね 
イメージ 7
さて・・
イメージ 38


折角のサンフランシスコ 
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


イメージ 39

チョイト外出もかなりの 注意時間帯&危険地域
イメージ 13


イメージ 14
今回は、Uber(ウーバー)が大活躍したね
  非常に便利な配車サービスとして世界中で人気 

イメージ 15

市歌

元はポピュラーソング映画主題歌であった2曲が制定されている。

I Left My Heart in San Francisco(霧のサンフランシスコ)
San Francisco, open your Golden Gate
1906年サンフランシスコ大地震を題材に1936年に製作されたメトロ・
ゴールドウィン・メイヤー社の大作映画『桑港(サンフランシスコ)』
W・S・ヴァン・ダイク監督、クラーク・ゲーブル主演)の主題歌




イメージ 24

イメージ 25
簡単に朝食を済ませて、、
イメージ 26

イメージ 27
明るく見えるけど‥マダマダかなり暗い 
イメージ 28
動けるのは、午前中かな・
イメージ 29
ほとんど車が、走っていない・・
イメージ 30

イメージ 31
思い出す映画!
 卒業 (1967)
ダスティン・ホフマン主演。UCバークレー、ベイブリッジ、サンフランシスコ動物園などが舞台として登場してた

 ブリット (1968)
スティーブ・マックイーン主演。ポリスアクション。マックイーン自らスタントに挑んだ、市街地の坂道を爆走する激しいカーチェイスは圧巻だったね

万延元年(1860年)、日米修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団の1人として、
咸臨丸
に乗りアメリカに渡る。船長の勝海舟が船酔いがひどくまともな指揮を執れなかったため、
万次郎は代わって船内の秩序保持に努めた
サンフランシスコに到着後、使節の通訳として活躍
帰国時に同行の福澤諭吉と共にウェブスターの英語辞書を持ち帰る
3-5-65


3-5-64

3-5-66


3-5-67

3-5-68

3-5-69

3-5-70



3-6-1